本体の「路面電車の写真」「寄り道写真集」と重複する写真が有ります。

iroiro
2018年5月29日( 火 )

ibis Budget の朝食は宿が変ってもほぼ同じだ。変わり映えがしないが、満足できるレベルなので安心と言える。

出かける前にまずチェック、
トリップメーターは 1197 Kmと出ている。小さくて見にくいが走行は 2207 Km、スタートが 1010 Km から。

エンジンは我が家のワゴンRと全く同じ右の押しボタンでかける。


数日前に疑問を記したがライトは正面丸ボタンで切り替える。常時点灯、常時切、自動点灯の三種だ。
ただハンドル脇に見えるようにバーはパッシング、上げ下げ以外に従来通り回せる(点灯)ようになっているのを
とりあえず動かないようにしている、といった感じで、つまり応急的に見える。

画期的なのはパーキングブレーキ(サイドブレーキ)がボタンで解除は操作不要だ。
もしかして高級車は日本でもそうかな? ご縁が無いからわからないーーー

今日はザールブリュッケンへ出発の予定だったが昨日のケールが雨だったので、空が明るくなった今、
再度挑戦に戻る。今度は高速遠回りをせずに、カーナビを使わずに簡単にケールに着く。
市内のアポーテケ(薬局)でまず咳止めを買う。咳だけが残っている。




隣は「100円ショップ」


今日は橋を渡ったフランス側、約2Km程度先まで写して10時過ぎに終わらせてザールブリュッケンへ出発する。
再度フランスに入りフランス領内を横切った方が断然早い。
カーナビに目的地のザールブリュッケントラムがフランスに越境した終点サルグミーヌを入れる。
フランスも高速は有料部分が有るが日本と同じゲート集金なので問題ない。






サービスエリアで一休み

車は良い。欠点は料金が倍以上、大きい(今や小さい車が好ましい、USAでもノートを借りた)、燃費が悪い(ターボ)


サルグミーヌは駅前の駐車場がタダだ!
今回は国境越えトラム特集の感があるがここが最後だ。この線はサルグミーヌ一駅だけがフランスだ。



サルグミーヌ駅


線路に沿って途中でも写す


三泊する ibis Budget ザールブリュッケン南はトラムが市内の路面に入って 2 つ目の電停前だ。
分かりやすいし前に泊まっているからカーナビ不要だ。
ここもリニューアル済みで快適




5 時を過ぎても明るいので写しに出る。良くやる手、食事とトラム。マクドナルド。
この後ガラスと正面衝突をして眼鏡を壊す。予備に切り替える。


4 駅中心部に写しながら向かい明るさの限界で戻る。







-- 30日 -- に続く

-- 28日 -- に戻る


iroiro