top 1.

本体の「路面電車の写真」「寄り道写真集」と重複する写真が有ります。

iroiro
2014年5月8日(木)

気がついたら76歳だもんな-------

認めたくないけど年齢的に、そして財政的にもキツクなってきた、とは言える。
3月初めには数え年で喜寿を“記念”して草津に人生最後のスキーに行って来た。
戻って長年親しんだ、つまり古い用具一式とウエアすべてをゴミに出した。

そして今回けじめ第二弾として今日から51日間のヨーロッパに出掛ける。
無理をしないように心がけなくてはならない。

航空チケットは HIS にお願いした。3月12日、支払いを済ませて決定、大韓航空だ。tenpu1-1

同じ時点で SAS のチケットが約15000円安く残席数席と提案頂く。しかしこれが逆コースのみだ。
1-2
最重要都市エジンバラの新規開通が5月の多分後半だ。この日程では OPEN 前だ。
出発を遅らせるか-----  すぐに夏の混雑期だ。乗物、宿とも GET 困難になる。同額のチケットも無いかも----
即、決定以外に無い。

今までこれほど決定を早くした事はない。出発一週間前の時もあった。
“最後”の旅のスタートは “犠牲を払っても” (大げさ)堅くいくべきだ。

E チケットを受け取る。E チケットはイイものだ。ハイハイ-----  「引換券 」を持たなくて良いからね。

12
成田。何歳になっても、このワクワク感はたまらない!

17

20
富士山のお見送り いってまいりま〜〜す。

24
エ、南アルプスまでお見送り?  有り難う----

25
早速お食事、直行便だと到着まで2食、乗り継ぎだと3食!!  どうだ、まいったか ------



定年の60歳で念願の路面電車撮影行をスタート、そしてサイト作りを始めた時は5〜6年で終わると考えていた。
殆どの世界中の都市を片付けられると考えた。
日本の状況しか目に入っていなかったから路面電車都市は減る事はあれ、増える事は無いと考えていたからだ。
それが状況は一変、日本以外の世界中で建設ブームなのである。
それらを追いかけていては、死んだ後まで写して廻らなければ追いつかない。その意味でも丁度潮時だと思う。
一昨年のヨーロッパではユーロは106円だった。
今:150円だ。出費増は避けられない。
倹約と楽しみをいかに両立させられるかだ。果たしてどうなるか-------
と言っても今ここを書いているのは 7 月 5 日だ。即ちこれは日記そのものではない。
「果たしてどうなるか」と書いているけどどうなったかは分かっている。
ちょっと妙な感じーーーーー



27
ソウルからはA-380
28

31
ビビンパッパーっと

32
間もなくパリ到着


18日間ガンバッテ頂くルノーツインゴ 5速マニュアル

HIS にお願いした。AVIS  18日間 59000円

現地で Super Cover に入る。32984円(カード引き落とし額) 
私が思うにこれは絶対に入るべきものである。簡単に言えば免責額の減免で保険ではない。

38
雨の中を出発!!

40
首都高速の中でもパリはもっとも難しい部類に入る。今回は無事すりぬけた。

41
明日のあさまでにブルターニュの西端ブレストだ。
高速では朝早く着きすぎてしまう。じゃなくて有料だ-------    一般道を行く。
変化があって眠くならない。車も通らない。

48
さあ、朝までガンバルぞ-------

map


  -- 9日 -- につづく


iroiro



先のページに素早く進めるように設置しました。

c1     c2