top  5.

本体の「路面電車の写真」「寄り道写真集」と重複する写真が有ります。

iroiro
2014年5月12日(月)

朝食を頂く。領収書に部屋番号と6 桁の暗証番号が書かれている。それを見せる。
部屋に入る時に必要な番号だが 21時以降に戻る時は玄関に入る時も必要だ。

685
8時に出る。車は走行 1451 Km を示している。この 2日間は長距離移動がない。
駐車場を出るとそこは高速道路だ。どちらに進んでも有料だからすぐにインターから一般道に出る。
日本と異なり部分部分でゲートがあってそこで徴収される。
有料部分は近づくと標識に出るから分かるが、逆に有料かと思ったのにそこは無料だという所は分かりづらい。
まあ、景色を楽しむために一般道を選んでいるのだからどうでも良い事だ。

686
本当に一般道は楽しい

688

689
トゥール トラムの終点 P + R

P + R、多くの都市でトラムが新設されているが P+R とバス乗り換えが最重要付帯施設だ。
車で都心まで行かなくても良いようにいくつか有る P+R 施設のある停留所まで行きトラムに乗り換える。
料金設定と、汚れない、雨に濡れない、など利便性が利用増の決め手だ。
無料で駐車ビルから直接屋根の下を停留所と言うのが理想だ。ここは最遠、つまり終点なので屋外だ。

690
しかし管理はしっかりしている。ゲートを入らないと駐車出来ない。
逆にトラムのチケットを買わないと駐車が出来ない。各都市の環境などにより方式が異なる。

694
車内はデザイン重視の心地良い空間だが、維持が大変だろう。つまり古くなったらどんな感じになるのかな。
たとえばプラスチック一枚の腰掛けだと素っ気ないが何年たっても同じ状態が維持される。

まあ、明日にもおさらばする私が20年先を心配しても仕方がない。
695

718
前面は札幌の新車と酷似する。

723

727

739

752
歴史有る美しい町だ。
ここは鉄道駅がヨーロッパに多い行き止まり終点型だ。
よって通り抜け出来ないから TGV(新幹線)が出来た時は町の外に新線と駅を作って走り抜ける事にした。
この駅終着の TGV だけが中心駅に入って来る。フランスはこの件に関しては殆ど問題にしていないように見える。
リヨン、アヴィニョン、ランスなど多くの都市で TGV は町の遠くを通過する。パリでさえ一部、脇を通過する。

813

851
15 時までかけて全線走破、かつ撮影する。車の邪魔が少ない所が多いと気持ちよく「仕事」が進む。

tiket

高速道路ではなくロアール川の右岸の土手を進んでブロワに出る。
875

879
車を何処に停めるかを素早く判断しなくてはならない

883

2 時間散策の後、今夜宿泊予定のボージョンシーユースホステルに向かう。飛び込みだ。
891

最初にスマホを持たないと記した。
出発前、どうしたものかと考え「かあさん」とソフトバンクの店に行く。
今持っているのは「かあさん」の家族割りで入っているもので殆ど使わない。モバイらない。
「かあさん」は,月500円程度の支出だという。
今契約を替えると最初の2年間は約月8000円程度掛かると言う。2年で20万円の出費増だ。
ところでどんな場面でスマホが必要になるか-----

「今」のような場面だ。
例えばパリからマルセイユに行くといった場合は、必要ない。地図さえ要らない。
必要なのは大きな町に入って、そこの例えばダニーロバン通りを探す、と言うのが一つ、
もう一つが今直面している人がいない田舎町で有名じゃない目的地を探す場合だ。
つまりgoogle mapが有れば良い、ただそれだけなのである。カーナビ機能だ。

帰って来てもスマホは使わないだろうから20万円はもったいない、と止めにする。カーナビも使わない私だ。
私自身が頑張って探せば良い訳だ。

30分近く頑張って探してユースホステルに辿り着く。
893
小さな田舎家だ。リストから調べる。affiliateとある。いわゆる日本で言う契約ホステルだ。
母屋に受付があり画面正面が私に割り当てられたいくつかの建物の一つで 4 室有るようだ。
そのうちの一つに貸し切りで入る。
16ユーロ

895
混雑期には他の人と一緒

899
優雅に夕食、と言ってもスーパー調達品

map


-- 11日 --に戻る     -- 13日 -- につづく


iroiro