top  7.

本体の「路面電車の写真」「寄り道写真集」と重複する写真が有ります。

iroiro
2014年5月14日(水)

夜も更けて車は南へ南へと快調に進む。
ポアチエからリモージュへの田舎道を選ぶ。車はとても少ない。坂、カーブは多い。
アルプス地方を除けば一番の丘陵地帯だ。霧が非常に濃くなる。
対向のトラックのライトで一瞬、前が全く見えなくなる。ガリッと音がする。
ハンドルが右にとられる。ヤバイ-----
停めて降りる。右のタイヤの側面に傷が入り急激に空気が漏れている。瞬時にこのタイヤはもう使えない、と分かる。
歩道の縁石に当ててしまったのだ。
時々大型トラックが通るからゴトゴトと走行面から外れた所まで移動する。
廻りを見渡す。小さな村の村はずれだ。もちろん真っ暗だ。
タイヤ交換だ。タイヤは良いのが入っている。ジャッキアップを始めるがジャッキがまるでオモチャで使い物にならない。
助けを呼ぶ以外にない。携帯を出す。時刻を見る。2時30分だ。そして今、摂氏1度だ。
AVISの緊急連絡先に連絡する。出たのは勿論フランス語だ。英語がわかるのを探すから、しばらくして掛けてくれ、
と多分言われたと思う。どのくらい経ったか記憶がないが、しばらくしてから掛ける。代わって英語を話す人が出る。
日本語も少し話す。英語は私より上手だ。日本語は私の方がうまい。
私の名前、借り出し場所、契約番号、車種、等順に話す。
そして最大の難関、ここはどこ、だ。
通常村の名前とか、この道を曲がると何々村に行けるとかの標識が有るものだがたまたま何もない所だ。
一度電話を切って廻りを探してくれ、と言う事で村の中心とおぼしき方に進む。500m位歩いても何もない。
すると殆どあばら家に等しいバーと書いてあるあばら家がある。スペルを読み上げる。
すると一発で場所を特定出来たのにはビックリした。

数分後、か十数分、か二十数分かちょっと記憶にないが、1時間程の所の契約工場のオヤジが起きてくれると言う事で
ひと安心する。これは大変ラッキーで5時間助けを待った、と云う話を直接聞いて知っている。
あとは待つだけだ。今まで4回パンクしているが私自身のミスは今回初めてだ。誰にも文句を言えた筋合いではない。
プロが来てプロ用のジャッキを使えばものの5分だ。
本来ならチップは50だが10で勘弁してもらう。チップに保険は利かない。
(この電話代の引き落とし額3800円)
5時に走り出す。廻りは既に明るい。でも時折、霧が濃くなる。スペアはもうない。注意が必要だ。

197
霧が時折濃くなる
203

201

209

214
シャバに戻った感じ

219

221

222

11時30分 ツールーズ着
226
計画通り終点 P&R に直行!

まずコーヒーを頂かないと、そしてジャッキの手の汚れも落とす。でもコーヒー2.5ユーロ!

247

323

268

329

tiket一日券5.5ユーロ

351
ibis budget 前に記したとおりシリーズ最下ランク

346

348

345
今日は高い日!

ibis budget は今まで E tap と言う名称だった。何日か前に触れたが経営戦略によるものと思われる。

帰って過去の “ 実績 ” を見てみる。 1998年から利用しているが
2004年3〜5月の際はフランストとドイツで計10泊していて平均約3900円だ。
この時は上のランク ibis hotel にも13泊していてそのうちドイツ、フランスを平均するとは別格のドゴール空港を入れても
約4900円だ。ひとつ上のランクなのに価格は今の budget より下だ。
「価格の点でも」 ibis hotel は同額の他のホテルの追随を許さなかった。

円安と値上げが重なって ibis budget の値段が 上の ibis hotel と同額かあるいは高くなっている。
一方で booking.com などの net 申し込みは安いのが “ 豊富 ” だ。選択にコツがいるが今回の結果は
平均して .com の方が安く、しかも問題のある宿は特になかった。


やはり数日前に書いたが統一された安心感と、数と位置の明確さがあるので結局 現地では ibis を選ぶ事になる。

350
前回と同じ景色、航空博物館

map

-- 13日 --に戻る     -- 15日 -- につづく


iroiro