top 28.

本体の「路面電車の写真」「寄り道写真集」と重複する写真が有ります。

iroiro
2014年6月4日(水)

6時半に宿を出る。
16人室に16人で私は下段が取れなかった。清潔で管理は行き届いているが、トイレ,シャワーに行くにもカードキーが
いるし、とにかく人が一杯だ。無論この時刻に出る人も一杯でフロントは並んでいる。

276
2日券を買ってあるので来たのにすぐ乗りまず駅に出る。雨が降っている。

279
時計が7時15分をさしている。さすがに昼が長くても雨では暗い。霧雨だから傘の中に吹き込んでくる、

289

292

309

338
終点まで行く、本気で写すと靴がグチャグチャになる、

342
休憩のつもりで駅に戻る

343

344
止んだので出るが、また降り出す

351
「今日はもう止め」 リレハンメルに行く事にする。

ユーレールパスを有効に使わなくちゃ---- でもトラムのチケットもベラ高だ---- 悩みは大きい----

352

354
ジュース 27Kr、サンドイッチ 52Kr、キットカット 9×2、計約2000円の “ 超豪華 ” お弁当

朝がスニッカーズと水道水と正露丸2粒だからマアいいや----

オスロのトラムは考えていた規模にはほど遠い形で終わるだろう。

258

359
ほどなく左の窓はミョーサ湖と言う名の湖でリレハンメルまで約80キロ続く、晴れたらきっと素晴らしいだろう。

362

363
線路の位置が変わる程の大工事、計20Kmは有るのでは---

365

374

376

379
靴が乾いた。革靴はこのところザックの中だ。

380

381
リレハンメル着、130 Km を約2時間

382
リレハンメル駅

386
上り坂を30分歩いてスケート競技場に着く、博物館になっている。110 Kr は仕方がない、

391

393

396

397

400
もの凄い事と思う

402

403

405
ノルウェーのスーパー

406
人がいない広場

412
そろそろ帰ります。車内は快適、

419
途中駅(多分ハマール)で降ろされる。この先 不通になったと言う、4時15分だ。
オスロからのベルゲン行きまではまだ7時間もあるから大丈夫だろう、
このバスも連絡バスだが数が揃うまで出ないとの事、
419

416
トロンヘイム発の列車が着いたらすごい人数になる、バス連絡待ちだがバスが来ない
420

421
待つ以外にやる事は無い

423

427
1時間ほど待って 5〜6台目に来た小型の最前席を取る

429
「おまけ」と解釈すれば楽しい

431

434

436

438
雲の滝、摩周湖で見れるやつ、見た事ないけど----

439
途中の大工事

442

444
行きに通った鉄道の工事

445
同時にやっていると言う事は揃って移動、或は差し替えか?

448

450
エイズボルで列車に、近郊線 T (ドイツなどの S ) の終点

451
オスロから呼ばれたタクシーが振替用車、

453

452
近郊線 T の車両
457
19時40分にオスロに着く
 
465
撮影可能なので当然出掛ける、チケットも使えるし、

466
トイレが呼んでいる。列車でタダで済ませました、

471
1999年「かあさん」と来た時、吹雪を避けて飛び込んだら『ムンクの叫び』の博物館だった。

474

477

482
今まで行ってなかったお城に行ってみる

483

496
ドンとマック、 81Kr (1600円)
昨日書いたが物価が高い訳ではない。若い人で混雑している。

昨日から預けてある荷物をコインロッカーから出す。

オスロ←→ベルゲンの車両
50

bo
(購入日の5/31と重複掲載)

50
任意予約制だが指定をとっておいて良かった、席を空けさせられる人がいる。ICE のように予約席の表示がない。
無論ほぼ満員だ。わずかな空き席が私の隣にもある。有り難い。
map


-- 3日 --に戻る     -- 5日 -- につづく


iroiro