top 34.

本体の「路面電車の写真」「寄り道写真集」と重複する写真が有ります。

iroiro
2014年6月10日(火)

240
5時30分、駅に行く。 店が開いている。日本では考えられない、

今日はヴェルニゲローデに行きハルツ狭軌鉄道に乗り、そして写す

243
電車が出ない!!!!

昨日の嵐だ!!

7時まで待って出ないので宿に戻り朝食を頼む。テンキーロックで部屋の鍵がない制度だから安易に戻れる。
部屋に戻りシャワーを浴びる。朝から蒸し暑い。嵐は過ぎたが天候は異常だ。
247

ハルツは諦める、代替案を考える。

248
駅に行く、9時になったが全く出ない。皆疲れている様子だがジッと待っている、

駅にいても仕方がないのでデュッセルドルフからのトラムが廃止になった方向にどうなっているかを見に行く、
249
完全に掘り返して無論架線もない
250
今後どうなるか分からない

253
駅に戻る、10時になっても動かない。皆どうなるか分からないようだ。

254
バスで脱出する決意をする。927番が市外行きだ。ラインハウゼンまで5.3ユーロ、
超満員かと思ったが座れた。一緒のアメリカ人とおぼしき若い女性2人が同じ考えだったのでドイツ人は忍耐強く
待ってるね、と言ったら私たちもドイツ人だといわれ、すいませんと言う。
ハンブルクから来たと言う事で一人はロシア人だと言う。彼女達も事情は全く分からないと言う。
257
バスからライン川
260
ラインハウゼンからはデュイスブルク市内のバスが出ているので乗り継ぐ。

286
デュイスブルクで初めてドイツすべての長距離列車網が止まっていると言う事が分かる。
282

女性2人は今日出ないと困るらしい。窓口に走る。窓口は混雑が激しい
285

デュイスブルクのトラムを写す事にする。特に必要ではないがジッとしているより良い、
272
コーヒー + アップルデニッシュ 3.6 ユーロ ドイツで良かった!!
308

駅に戻る、今日はもう長距離は走らないと言う事だ。
最大の楽しみ、昨日買った ICE 夜行1等がパーになる。窓口はとても払い戻しに並ぶ状況ではない。4.5ユーロは諦める。
314

代わりに今夜の宿を確保しなければならない。駅中に ibis hotel がある。無論満員だし泊まる気もない。
近くの ibis budget も満員だ。一昨日、前述したデュッセルドルフ4軒のあと残り3軒を当たってもらう。
内一軒のヒルデンが空いていたので即押さえてもらう。ibis グループの最大の利点だ。

317
DB ( 国鉄 ) が出ないのでラインバーン(デュイスブルクとデュッセルドルフを結んでいるトラム)で
デュッセルドルフに向かう。
だが市境の Kesselsberg で上記のようにとまってしまう。200人以上がバス連絡を待っているが来ない。
こんな所で放り出されてはどうしようもない。デュイスブルクに戻る。6.5 で1日券を買っておいて良かった。

318
掲示は出ないがデュッセルドルフ行きが出ると言う。バンザイ!!

325
デュッセルドルフに着く。デュイスブルク以上にコンコースは人人人だ。

宿は15Km離れている。Sバーンは止まっている。バス以外にない。交通局の人が大勢繰り出して案内をしている。
聞く。
782のバスに乗れと言う。ibis のガイドブックには785と書いてある。現場を信用する。5.3ユーロを券売機で買う。
バスは超満員だ。高速道路も走って25分で着くが降りる停留所が分からない。ヒルデンのツェントルム(中心)の
表示が後ろになってしまったので次で降りる。ガソリンスタンドで聞く。バスが違った。ドライバーも分からない訳だ
map
エ、歩くの、とスタンドのオヤジが言うからマラソンやっているから大丈夫、と言う。
荷物は最大だ。試練は人を強くする!!!! 今から何のために???

宿の直前で785のバスが横を通る!!!  試練は人を惨めにする!!!

329
フォルスト通りが見つからない。それもそのはず、これがフォルスト通り入口

331
20時30分着

332
いつもの ibis budget

333
店など全く無い所、宿の自販機で夕食にする。 朝から3日ほど経ったような気がする。

-- 9日 --に戻る     -- 11日 -- につづく


iroiro