本体の「路面電車の写真」「寄り道写真集」と重複する写真が有ります。

iroiro
15日目  2017年7月4日 (火)


ここは朝、フロントに「食料」が種々おいてある。
いくつか取って玄関の前で朝の空気を吸い込みながら美味しく頂く。


例によって7時前に出る。I-90 と分かれた I-80 は湖岸の 90 と異なり丘陵部に入っていく。
前方に日本でもよくある盆地状の谷間に広がる雲海が現れる。中に進むのは決定的だ。













10分ほどで脱出、


昨日と同型の「サービスエリア」で一息、


お仕事ご苦労様、昨日と言い、今日と言い、朝はかき入れ時?




またまた


工事中一車線



I-80 から I-76 に移ってさらに有料部分は続く。 次の「サービスエリア」で朝食。

こんなのもある


料金所



ペンシルバニアへようこそ。旅は毎回トラムだから行き先は決まっている。大抵同じ道だ。ここは通い慣れた道だ。




有料道路へようこそ、と言われてもーーー




同じ I-76 でも州が変わると料金所や形体、名称が変わる。
今朝走り出したリッチフィールドからピッツバーグまでオハイオ州側で 5.25 ドル、ペンシルバニア側で 7 ドル。


ピッツバーグダウンタウンが見えてくる。


ピッツバーグダウンタウンの出口は複雑。


いつも停めるダウンタウン川向こうのステーションスクエアの駐車ビルに停めて進軍!


向こうがダウンタウン




橋を渡ってダウンタウンへ



ダウンタウンへ












2時間で駐車場近く、ステーションスクエアに戻る。



昔習ったベッセマー炉の事だ、 これだったんだ。

宿を決めてしまう。車を出してポトマック停留所近くのモーテル6に行く。歩いて停留所に行けて好都合だ。
まだ入れない、そして 75 ドルと言う。扱いが冷たい。止めにして 25 Km 程郊外の別のモーテル6に行く。
I-76 沿いだから10分かからない。51ドルで2泊。
即決めて今度は郊外の終点サウスヒルヴィレッジに向かう。この町の地形は複雑でまともに直行出来る道は一つも無い。
アメリカ広しといえど外ではあまり見ない。簡単に言えば谷筋が細かくそして入り組んでいる。
やっとの思いでたどり着き巨大駐車ビルに入れる。無論タダだ。「ベッセマー炉」は6ドルだった。






途中駅を明日移すためにチェックしながら先ほど車を出した「ベッセマー炉」に戻りモーンガーラ ケーブルで
丘に登ってトラム & ダウンタウン俯瞰を試みる。






歩いて下る。途中から金網越しにトラムを写す。



途中ジャンクションの2駅を写して終点に戻り車を出して再度ダウンタウンの細部をチェックして宿に戻る。
隣のガソリンスタンドで夕食を調達する。

ガソリンはほぼ毎日入れている。私のカードがどう言う訳かセルフの機械がどこも受け付けない。
磁気部分が相性が悪いのだと思う。差し込むのは、つまりチップは大丈夫だ。
仕方がないので事務所の中(大抵は「コンビニ」)で申告して入れる。たとえば18ドルというように。
この兼ね合いが今まで結構難しい。もっと入る場合もあるし18入らない場合もある。
先日のようにピンチにも遭遇する。



翌日 5 日へ

前日 3 日へ


iroiro