top 1.

本体の「路面電車の写真」「寄り道写真集」「チケット」等と重複する写真が有ります。

iroiro

2012年9月11-12日(火・水)

路面電車を本格的に追いかけ始めたのは定年になった時からだからほぼ 15 年だ。
アッと言う間だった。楽しかったのは言うまでも無いが、始めた頃と今とでは同じではない。
最初はゼロからだから端から都市をつぶしていく、と言った感じだが今は新規開業、拡大、それとやり残しを
押さえると行った感じだから飛び飛びで効率的ではない。
つまり以前より体力、財力が大幅に必要な状況へと変化したわけだ。そしてどちらも落ちている。
そろそろ潮時かもしれない。やり残し、と言った大げさな感じは全然ない。

で、これが最後かも、と言う事で行きたい都市をつなげると、かなり無理なコースとなる。
HIS で相談、運良くうまくつながった。

初めて名前を聞くエティハド航空、アブダビ行きは定刻21時20分に成田を出る。
1

2
イスラム圏ではあるがビールを頂けるのは有難い
3

アブダビ時間 4 時 30 分着、さらに 2 時間まえが朝食だからどちらかと言うと夜食といった感じ。
空港では 5 時間待ちだが狭い待合室で何もない。ベンチで本を読むしかない。

どうしてこのコースを選んだのかといえばイスタンブル入、パリ出のオープンジョーチケットでは最安だったから。
全込 103,120 円
4

イスタンブル行きに乗ってすぐに出る「朝食」 さすがに残す

アブダビまではほぼ半分が日本人だったがアブダビ → イスタンブルは日本人は見かけない。

7
13時少し過ぎに着く。  空港でまず 3 万円を両替して658リラを手に入れる。

ここは 4 回目だ。 初めて来た時はバスしかなかったが今は鉄道があるから楽勝だ。

8

9
荷物は例によって最小限なのでカメラを取り出して一駅ごとに降りて数枚づつ車両を「押さえる」。

この線は「 M-1 」と称して地下鉄扱いだが殆どの区間は地上だ。
10

13

終点の空港から中心部の終点アクサライまで行き、そこからは「 T-1 」と称する路面電車(L R T・トラム)に乗り換える。
と言ってもここは乗り換えに少し距離がありゴチャゴチャした所を歩かなくてはならない。
「 T - 1 」の途中ですんなり乗り換えがスムーズな駅があるが(本編・路面電車に地図あり)
今回の宿がたまたま路面電車 3 停留所目なのでトラムを写しながらまず宿に荷物を置く事にする。

68
T - 1 には新型が入っている

宿はブルーモスクまで 5 分の好立地だ。HISで航空券と同時に買うと一泊目が半額、というのを利用したものだ。
と言っても朝食付き7500円で私が通常利用する宿はさらにそれより安い。

荷物を置いたらすぐ写しに出る。T - 1 を写しながらシルケジ駅、そしてガラタ橋に向かう。
ガラタ橋上をトラム( T - 1 ) が開通して走るのは初めて見るので念入りに写す。
そのまま新市街のオールドトラムに進む。
18





23

24

25

ガラタ橋に戻る頃には日が暮れる
32

33

35

36

37

40
(一ヶ月の荷物はこれだけです。パンツの替えはもちろん有ります。)

map


-- 13日 - に進む


iroiro