top 6.

本体の「路面電車の写真」「寄り道写真集」「チケット」等と重複する写真が有ります。

iroiro

2012年9月17 日(月)

8 時 30 分サムスンに着く。
目が覚めてからの周りの景色は前日までとは大きく異なり、森、畑、人家が散見できる、そして
小さなゴチャゴチャした街並みの間を通り抜ける、つまり、荒野よりは楽しい。
230
どこでも巨大  35番線まである  超満員の市内バスで町に行く。

235
早速トラム
昨日のカイセリと同じイタリアのアンサルドブレダ製トラムでイタリア以外では殆ど見られない。アテネぐらいか-----
ここもカイセリ同様出来て間もない。 ここはチケットではなくトークンを買う。一日券は無いようだ。

236
中心部と住宅街を結ぶのだがずっと海岸沿いなのが異色だ。そして、それが黒海となるとちょっと感慨深い。
ウクライナのオデッサとヤルタ、ブルガリアのブルガス、ルーマニアのコンスタンツァ、そしてここ。
30歳ぐらいまでは地中海を見るのも夢のまた夢だったもんな。

250
おばさんに「どうだ、いいだろう」と自慢されてしまう
249

相変わらずの猛暑だ。昨日からの汗でかなり臭い。
実は荷物をどこにも預けられなくてずっと背負っている。ザックの背当ても臭いがどうしようも無い。
255
Havas がアワシュだと今回初めて分かった。以前言われて分からなくて危なく乗り遅れそうになった。

260
臭いまま 18時15分の飛行機に乗る

262
イスタンブルまで 1 時間 30 分のフライトだから出るだけで有難い

イスタンブルで乗り換え待ち 2 時間
263
当初掲載用に上記書き込んだとおり、Booking.com での宿の予約は夜行バスの予定だったので明日からだ。
よってアンタルヤ、ペンションホワイトガーデンに今夜も頼むとイスタンブルより電話する。

アンタルヤ空港着 23 時 10 分で空港バスで町に向かう。バスを降りたら 24 時過ぎだが、旧市街カレイチの
中なので前回来てだいたい分かる。しかし大ホテルでは無いので探し当てるのに30分以上かかり1 時すぎに着く。
早速シャワー、洗濯、ザックも洗濯で2時半に寝る。
410

map


-- 18日 -- に進む

-- 16日 -- に戻る


iroiro