top 9.

本体の「路面電車の写真」「寄り道写真集」「チケット」等と重複する写真が有ります。

iroiro

2012年9月20 日(木)

461
ホテルは中心部メトロ駅前、広場に面して最高の立地
今回トルコの宿はすべて Booking.com での予約だがすべてコストパフォーマンス良好
462

463

475
徒歩20分のトラム起点へ、ヒサールの丘と称するかなり立派な城壁がある。
路線は約 1 Kmほどしかないがけっこう利用者が多い。6箇所ほど停まる。観光客は少ない。
477

470
もう一方の路線は車両はトラム型だが地下鉄兼郊外電車だ。一応押さえる。
472

トルコ滞在中すべて酷暑日だったが飲料水には不自由しなかった。例えばこれは 25 円
474

510
14時発イスタンブル行きに乗る

今回のバスはカミールコーチ 大手 5 社のひとつ、
今回は 6 回国内バスを使ったがすべて異なる会社だった。
514
トルコのバス事情を簡単に述べる。
鉄道は無いに等しいからバスが最重要交通機関だ。よって各都市には「東京駅並み?」のバスターミナルがある。
オトガル(バスターミナル)は町から離れている方が多い。町からの連絡はミニバスが多い。
昼夜関係なく出ている。日本の夜行バスと異なり例えるなら東京、横浜、静岡。名古屋、大阪、広島と言うように
停まっていくから大抵どこかで夜になる。
例えば最初に乗ったイスタンブル → ブルサは途中停まりながら1100 Km 走って到着したわけだ。

今日乗る最後のブルサのオトガル、イスタンブル行きは下記時刻表のとおり一時間に10本以上出る。
50 社は超える窓口がありその各社が入り乱れてバスを出している。料金、バスの質もバラバラだ。
(我々にとって)料金の平均は安いので高くても良いバスにしたいと思うが、時間に制限がある旅行者には
選択が限られてくる。それどころか全席指定なので満員で乗れ無い事も考えなくてはならない。
満員だと町から出られない!!!  出来るだけ早くチケットを確保する必要がある。
空いているときは呼び込み合戦になる。
512

513
バスごとフェリー

517

520
イスタンブルのオトガルに戻る。
 20 時 30 分発ソフィア(ブルガリア)行きまで 2 時間あるがチェックインが 1 時間前なのでオトガルで待つ。
(トルコ)リラを使いきる。

521


-- 21日 -- に進む

-- 19日 -- に戻る


iroiro