翻訳家として稼げるようになりたい?

それならば、あなたが必ず手に入れなければならない技術がある。

それは「トランスクリエーション」と呼ばれる翻訳スキルである。

翻訳家を育成する学校は少なくはないし、英語を学ぶことによって翻訳家になろうという人もいるだろう。

しかし、それでは「稼げる翻訳家」にはならない。

このご時世、すでに機械翻訳などは無料または安価で提供されており、せいぜい並の翻訳家として食べていければそれで幸せだというのが翻訳業界の現状だ。

しかし、もしあなが機械翻訳ではできないにトランスクリエーション」のスキルを手に入れたら?

トップレベルの翻訳家になれる可能性はかなり高まるはずだ。

今回の記事では、トランスクリエーションのスキルを身につけることのできる「森谷式翻訳術」を解説していく。

森谷式翻訳術が教えるトランスクリエーションとは?

この記事を読む人の多くは翻訳家になりたいと考えている一方で「トランスクリエーション」について、ほとんど知らないのではないだろうか。

まずはこのトランスクリエーションについて解説するので、この点をしっかりと押さえた上で森谷式翻訳術について知っていってほしい。

トランスクリエーションについて

トランスクリエーションというのは、翻訳を意味する「トランスレーション」という英単語と、創造を意味する「クリエーション」から生まれた造語である。

この2単語からも分かる通り、単なる翻訳というよりはクリエイティビティを発揮して、翻訳目的に対してより効果的になるようなトランスレーションを行うのが特徴だ。

コロナ禍の影響もあり、オンラインビジネスの場はますますグローバルに広がっていっているわけだが、こういったビジネスシーンで特にトランスクリエーションが重要な意味を持つ。

夏目漱石が『I love you』を「愛している」ではなく「月がきれいですね」と訳したのもトランスクリエーションだと言える。

漱石の翻訳はありきたりではなく、多くの人の心に残り、今もなお語り継がれているのだから、文学という意味での目的をより効果的に達成していると言っても過言ではない。

トランスクリエーションと翻訳の将来性

ただ「翻訳のほうがトランスクリエーションよりも劣っている」とか「翻訳をする際にはトランスクリエーションを意識しなければならない」とか、そういうことが言いたいわけではない。

一般的に翻訳というのは「原文により忠実かつ正確に翻訳をする」という意味なので、正確性が求められる現場では非常に重要かつトランスクリエーションよりも重視されることは間違いない。

一方でトランスクリエーションは、海外市場でマーケティングを行う際などに必須だ。

たとえば、ダイレクトメールなどを翻訳する際にもただただ正確に訳するよりは、その国の文化に合わせた言葉遣い、言葉選びなどができるかどうかが大切である。

また初めにも述べた通り、機械翻訳の正確性はどんどん向上している。

そのため、翻訳家も将来的には職にあぶれる可能性は高い。

その一方でトランスクリエーションを行うことができる(=文化に合わせて言葉を選び、必要とあらば添削を行う)ような翻訳機はまだまだ登場しないだろう。

そういった意味で、これから市場価値が出てくるのはトランスクリエーションだと言える。

森谷式翻訳術の概要

後ほど詳しく述べるが、まずは簡単に森谷式翻訳術の概要についてお話ししたい。

森谷式翻訳術のキャッチコピーは以下の通り。

「好きな英語を使ってお金が稼げるだけでなく英語力までUPしてしまい時間に縛られない自由なライフスタイルを実現」

上記を見ても分かる通り、翻訳術を学ぶというだけでなく「自由なライフスタイルを手に入れる」ことがゴールとなっている。

では「自由なライフスタイル」とは何か?

それはお金に困らず、住む場所を選ばない暮らしだと言える。

そういった生活を実現することを目標に据えたコンテンツを提供するため、最短で「稼げる翻訳者」になることができる。

森谷式翻訳術の特徴

そんな森谷式翻訳術の特徴とは何か。

この点について解説したい。

森谷式翻訳術の特徴:成功マインドの獲得

トランスクリエーションを学ぶだけではなく、森谷式翻訳術では成功の鍵となるマインドセットを教えてくれる。

これを「成功マインド」と呼んでいるのだが、簡単に言えば

最短の目標設定ができる
未来に対して楽観的かつ現実的になり、コツコツと努力が続けられる

というものだ。

森谷式翻訳術の特徴:需要の高い翻訳者になれる

森谷式翻訳術 評判 口コミ トランスクリエーション
最初にも述べた通り、機械翻訳の出番により「並の翻訳者」には需要がほとんどなくなるというのが現実的な見方だ。

一方で、クリエイティブかつマーケティング思考を持った翻訳者の需要はますます高まる。

なぜなら、機械は意訳はもちろんのこと、マーケティングを意識した翻訳ができないからだ。

マーケティングの視点を持ったうえで翻訳をすることを「トランスクリエーション」と説明したが、この技術が学べるのは森谷式翻訳術の最大の強みだと言える。

森谷式翻訳術の特徴:自由なライフスタイルを実現

森谷式翻訳術 評判 口コミ トランスクリエーション
キャッチコピーにもあった通り、森谷式翻訳術のゴールは「翻訳ができること」というよりも「自由なライフスタイルを実現できる」というところにある。

資格もいらず、実力がつけばかなりの額が稼げるのがトランスクリエーターの魅力。

下手な翻訳学校に行くよりも、トランスクリエーションが学べる森谷式翻訳術の方が将来性が高いことは明らかである。

森谷式翻訳術の評判・口コミ

最後に森谷式翻訳術の評判や口コミについてまとめていきたい。

ここまでの解説を押さえた上で、以下の口コミを見て自分に合うサービスかどうか判断してもらえれば幸いだ。

----------
森谷式翻訳術が気になって色々と調べてみた。色々なクチコミがあるけれど、僕はトランスクリエーションの将来性については『本当』だと感じた。

翻訳家を目指すなら、ただ翻訳スキルを覚えるというだけではいけない。

正確な翻訳ができることよりも、海外資本にとっては「僕の国でどれだけ多くの人に訴求できるのか」が大事だからだ。

翻訳を勉強したというより、トランスクリエーションを学んだと言える森谷式翻訳術のほうが効果的なのではないだろうか。
----------
過去に翻訳学校に通っていたものです。卒業後に就職先を探したのですが、普通の翻訳家はありふれすぎて、中途採用ではなかなか取ってもらえないことがわかりました。。

マーケティング力を磨くためにもトランスクリエーションスキルが大切だと思っていたところ、森谷式翻訳術のことを知りました。

今後の未来に重要なスキルを教えてくれるとのことなので期待したいです。
----------

森谷式翻訳術の評判・口コミなどまとめると

今回の記事では、トランスクリエーションのスキルを身につけることのできる「森谷式翻訳術」を解説してきた。

個人的には「翻訳者になるためのコンテンツ」ではなく「自由なライフスタイルを実現するためのコンテンツ」というものをビジョンに据えているのが惹かれる。

なぜなら、翻訳技術というのは手段であり、目標ではないからだ。

ぜひ、あなたも翻訳者としてのキャリアを歩みたいのであれば、将来性の高いトランスクリエーションを学んでほしい。

関連キーワード
森谷式翻訳術の関連記事
  • トランスクリエーションの森谷式翻訳術は詐欺?評判や口コミから徹底的に調査した結果
  • 森谷式翻訳術の評判・口コミって?トランスクリエーションについて徹底解説!
おすすめの記事